コレクション: メリーペンチQ&A

石工事の現場では、番線(バンセン・ステン直棒)を切る時にお馴染みの工具であるペンチ。ホームセンターや工具専門店では非常に多種多様のペンチが揃っていますが、いくたすの運営元である生田化研社では「番線切るならメリーペンチ」とされるほど信頼性の高く、常時在庫しています。

石工事の現場では、ペンチで番線(ステン直棒)を切ることが一般的です。大小さまざまなペンチがある中で、いくたすの運営元である生田化研社ではメリーペンチをお勧めしています。職人さんから「 バンセン切るならメリーペンチ一択」と定評を頂いております。

メリーペンチ2050とは

90年以上の歴史を誇る、作業工具メーカー室本鉄工株式会社の代表ブランド『メリー作業工具』。その中でも代表的な商品であるペンチは、現行のものだけでも用途別に約30種類あります。いくたすで取り扱っているメリーペンチは品番2050というモデル。強力ペンチに分類され、通常のペンチよりはるかに優れた切断能力が特徴です。

メリーペンチがわかる!Q&A

メリーペンチについてよくある質問から長持ちのコツまで、まとめてみました!

 

Q.メリーペンチの特徴は?

A.精巧な作りの良さが最大の特徴です。

・刃先を強靭化する焼き入れ

・刃付け

・仕上げの研磨と調整

はすべて熟練の職人による手作業です。

 

用途に合わせた強靱性・耐久性・耐摩耗性を備えており、材質は最高級特殊鋼を使用しています。 

 

Q.どのくらいの太さの鉄線まで切断可能?

A.品番2050-225の場合、鉄線なら3.6mm、銅線なら4.5mmの切断能力があります。


Q.切断能力が優れているのはなぜ?

A.偏芯テコ原理によるものです。

 

Q.切断だけでなく、曲げやすさは?

A.ギザがついた先端部分がステン線をしっかり掴み、滑りにくい形状です。曲げもスムーズに行えます。


Q.ペンチが錆びやすいのはなぜ?

A.サビの主な原因は金属部分への水分と酸素の付着です。湿度の高い環境では特に注意が必要です。

雨水の付着や、湿度の高い梅雨の時期

・ホコリや汚れの付着

潮風や手汗の付着

など、身近なところにサビの原因があります。


Q.切れ味が悪くなってきたらどうする?

A.残念ながら摩耗や錆などで切れ味が落ちてきた場合、切れ味を復活させる方法はありません

より長く使用するためにも、正しい保管方法やメンテナンスをしましょう。切れ味が悪くなってきたら買い替えをおすすめします。


Q.長持ちさせるためのコツは?

A.・ペンチについた汚れはこまめに拭き取る

 ・防錆オイルを塗る

 ・湿度が高くない環境で保管する(湿度50%以下)

 ・素手で使用しない

 これらの点を守るだけで、ペンチをより長く使い続けることができます。 

 

Q.なぜ先端に隙間があるの?

A.最初から先端部分がついた状態だと、刃部が摩耗してしまうと切断できなくなるため、あえて先端に隙間を作った状態で生産されています。刃が切れることを優先するためには、刃が必ず接地している状態に作られるため、掴む部分にこのような隙間がある形状になります。

Q.実物を見てみたいのですか?

A.メリーペンチは知名度の高さに反し、実店舗での取り扱いが少ないという話もあります。オンラインショップでも実物のイメージがよりつきやすいよう、身近なものと比較しました。    


メリーペンチのご購入はこちら

商品追加準備中です。
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する